愛知県のハゼ釣り場おすすめ!!

愛知県内のハゼ釣りおすすめ釣り場 愛知県の釣り場一覧

愛知県内のハゼ釣りにおすすめの釣り場を3か所ご案内していきます。

下記紹介している釣り場は、河口になります。

どの釣り場も比較的空いており余裕をもって釣りを行うことが出来ます。

愛知県内ですと、他にも有名な釣り場はあります。亀崎港など非常に有名ですね。

人が多くて釣りにくいですがね・・・。

今回紹介する釣り場は、実際に釣果を出した釣り場のみになります。

※順序は名古屋から近い順です。

愛知県内のハゼ釣り場一覧

潮見台霊園前

まずは、こちら。潮見台霊園前の水路になります。駐車場は無いので、道路際に駐車します。

潮の満ち引きに合わせて、ハゼが移動しますのでここの河口で釣りをするのがいいかと思います。

特に干潮からの満ちでは、潮の満ち込みに合わせてハゼが一斉に水路に向かう為、よく釣れます。

この辺りは、全域どこでも釣れるため、歩きながらハゼの釣り場を探すのもおすすめです。

地面にカキガラが多く付着している為、怪我には気をつけてください。軍手等あれば安心です。

また向かいには富浜緑地もあり、ファミリーでの釣行もおすすめです。

【狙い方】

用水路河口側は、水深も浅く、幅も狭い為、ウキ釣りで狙うのがおすすめです。

注意点は、必ず底を取る事。餌が底から浮いていると釣果が落ちます。

底はガレ場の為根がかりはあります。

7月の新子ハゼから9月の親ハゼまで楽しめると思います。

9月後半には深場に移動するようで、徐々に釣れなくなっていきます。

【ウキ釣りおすすめ仕掛け】

ささめ針(SASAME) H-101 ハゼ玉ウキ3.6m 4

ささめ針(SASAME) H-101 ハゼ玉ウキ3.6m 4

194円(02/22 06:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

また、漁港水路前にハゼが溜まっている事もあります。こちらでは、ちょい投げで広く探ることをおすすめします。

やはり底はガレ場の為、根がかりはあります。

10Mほど投げれれば十分釣りになります。

【投げ釣りおすすめ仕掛け】

新舞子海岸

ここは新舞子マリンパーク前の海岸が釣り場になります。新舞子マリンパークと言えば、名古屋から一番近い海水浴場として有名です。水質は汚いですが・・・。

また、新舞子海釣り施設もあります。ひーくんは一度も行った事ありませんが。

こちらも河口での釣りになりますので、満潮へ向かっていく潮回りが有利です。

浜際でも釣れますが、いろいろ探れる、ちょい投げの方が有利です。

他にもマリンスポーツをやる人が来ます。釣行時もSAPボードが沢山浮いてました。

駐車場にトイレも整備されています。

7月の新子ハゼから10月末の落ちハゼまで長く狙う事が出来ます。

【狙い方】

河口部から橋まで砂浜を歩ける為、ランガンでハゼの付き場を探して下さい。比較的手前に群れていますので、遠投は必要ありません。

20Mも投げれば十分です。

日や潮回りによって、海側が良い日と川側が良い日があります。

須磨緑地公園(タコ公園)

ここは衣浦の河口になります。公園もあり、駐車場あり、トイレあり、自販機ありと至れり付くせりです。

ハゼの他にも、秋のサヨリにセイゴなども釣れます。2018年度はサヨリのあたり年で多くの釣り人がいました。

底は、海藻が繁茂しているので根がかりに注意してください。

仕掛けが切れる程では無いです。

近くに有名な亀崎港と衣浦トンネルに挟まれた釣り場の為、以外に人が少なく感じます。

【狙い方】

ここのハゼは、岸壁際に付いています。その為、遠投は必要ありません。

水深がそれなりにある為、ウキ釣りよりはミャク釣りの方が釣りやすいかと思います。

日によっては、ゼンメ等外道が湧いている時があります。そんな時は、場所を移動した方がいいです。

7月の新子ハゼ~10月末の落ちハゼまで長く楽しめます。11月に入ると、さらに下流の衣浦トンネルの所で、20cm超えの落ちハゼが狙えます。

まとめ

いかがだったでしょうか。愛知県内でおすすめのハゼ釣り場を三ヶ所ご紹介しました。

ハゼ釣りも終盤の時期ですが、今後は刺身で食べれる大きなハゼが釣れる時期になります。

是非お出かけください。

今までハゼはエサ釣りしかしたことがないです。最近ハゼをルアーで狙うのが流行っていますので、ひーくんもルアーで狙ってみたいと思います。

こんなルアーで釣れるようです。