直リグ・ジカリグ・ジカダンリグって何!?簡単に自作もできるよ。

直リグ・ジカリグ・ジカダンリグ 自作釣具

最近根魚釣りには、直リグかライトワインドしか使っていないひーくんです。

直リグ・ジカリグ・ジカダンリグって何!?ということをお伝えお伝えしていきます。

まず、「直リグ・ジカリグ・ジカダンリグ」というのは同じリグの別称になります。

ここからは、直リグとして説明していきます。

直リグ・ジカリグ・ジカダンリグって何!?簡単に自作もできるよ。

直リグの特徴

直リグ・ジカリグ・ジカダンリグ

こんな感じです。

リグとしては、重りとオフセットフックをスナップで纏めただけです。

このリグの特徴としては、重りと針が一体になっていることです。

一体になっている為、着底がわかりやすいです。また、あたりもわかりやすくフッキングもしやすいです。

自作出来る直リグ

直リグは、市販品もあります。

正直、高すぎます。2つで600円超えって。メジャークラフトのジグパラ買えるし・・・

ということでひーくんは、安いナス型の重りを使用しています。

オフセットフックも100均の物を使用しています。こちらは日本製ですので、釣具屋に売っているものと同じ製造元だと思われます。

耐久性も問題ないです。魚に折られるなんて事はありません。

ナス型重り 80円/個

オフセットフック 12.5円/個

スナップ 18.75円/個

合わせて、111.25円/個→2つで222.5円

だいたい1/3の値段ですね。釣りやすさなんかは変わらないので、自作がお得です。根がかりで消耗しますので。

直リグの重さ

付ける重りによって、直リグの重さを変更出来るのも自作直リグの良さです。

メインは、8号のナス型を使用しています。底が取れる事が最重要ですのでこの重さになります。

直リグとしては、3号から8号までを使用しています。

使用するワーム

狙う根魚のサイズで変わってきますが、最近のお気に入りは「キジハタグラブ」の4インチです。

エコギア(Ecogear) ルアー キジハタグラブ4インチ #323 11656

エコギア(Ecogear) ルアー キジハタグラブ4インチ #323 11656

527円(04/21 00:48時点)
Amazonの情報を掲載しています

これですと、20cmくらいの根魚から釣る事ができます。

アベレージサイズが20cmより小さい場合は、ライトワインドの方が食いが良いと思いますので、臨機応変にご対応ください。

熊野の地磯でアカハタ