三重県鳥羽の国崎漁港でグレ釣り・アジ釣り!

鳥羽国崎港で尺アジ釣り【メガアジ・ギガアジ・テラアジ】 釣り

12月に入りだいぶ寒い日が増えてきました。しかし海の中はまだまだ冬にはなっていません。

今年は暖冬のようで、12月なのにキスが爆釣したり、マゴチが爆釣したりしているようです。

そんななか、今年度初めてのフカセ釣りに行ってきました。狙いは、グレとアジです。

例年フカセ釣りは、南伊勢か熊野に行くことが多いので、今年は新規ポイント開拓も兼ねて鳥羽周辺を攻めたいと思います。

三重県鳥羽の国崎漁港でグレ釣り・アジ釣り

国崎漁港とは

国崎と書いて「くざき」と呼びます。鳥羽の中心地から30分ほどで到着します。

名古屋からですと2時間ほどで到着します。

場所的に伊勢湾の出口にあたる為、潮通しはいいです。潮通しは良いのですが、全体的に浅いです。

底は基本砂地ですが、この辺りは岩礁も多いので入り混じっています。

港内は、常夜灯もつく為夜釣りも快適です。またトイレが綺麗なのもポイント高いです。

三重県鳥羽の国崎港トイレ

外側の堤防にはテトラが入っています。テトラは丸型なので比較的乗りやすいです。

朝マヅメ【デカアジ釣り】

三重県鳥羽の国崎港 三重県鳥羽の国崎港 三重県鳥羽の国崎港

朝6時30分から釣り開始です。最近日の出が本当に遅くなりました。6時30分だとまだ薄暗いです。

外側のテトラでやるか内側の堤防でやるか迷いどころです。水中を覗きながら先端まで行くと・・・

内側の途中でアジらしき魚影が多く固まっている個所を発見!!しかもでかそう。

朝マヅメは内側でやる事にきめ、さっそく釣り開始です。

一投目から25cmほどのアジがかかります。棚は1ヒロ、Bのウキです。周りが完全に明るくなり、8時も過ぎたころまでポツポツ釣れ続けました。

フカセで釣れたアジ

ここのアジは、スレているようでコマセを撒くと逃げていきますが、5分ほどすると戻って来るようでそのタイミングで釣れます。

フカセ釣り用の仕掛けセットもあります。

キザクラ(kizakura) ウキ釣り速攻セット(グレ鈎) 3B

キザクラ(kizakura) ウキ釣り速攻セット(グレ鈎) 3B

950円(02/21 19:26時点)
Amazonの情報を掲載しています

8時過ぎて釣れなくなったので一旦休憩です。

昼間【グレ釣り】

朝マヅメも終わりアジが釣れなくなったので、グレ釣りに変更です。

今度は、外側のテトラ帯で狙います。

10cmほどの小アジがエサ取りです。小アジをかわせず、グレ釣れず。隣の釣り人は20cmくらいのグレ釣ってるのでいるにはいるようです。

腕を上げねば・・・。

夕マヅメ【40cmオーバーのアジ釣り】

フカセでグレ釣れないまま、時間だけが過ぎて行く・・・

12月という事もあり、釣り人は他に2人くらいしかいなかったのですが、15時頃から続々と人が増え始めました。

仕掛けを見ているとサビキ釣りのようです。あっというまに堤防先端内側、満席状態です。

デカアジが回っているようでそれを釣りに来ているようです。

当日は16時過ぎからデカアジが回って来ました。そこから爆釣。夕暮れで周りが見えなくなるくらいまで釣れ続けていました。

16時~18時までの2時間ほどで、多い人で20匹ほど釣れていました。サイズはMAX40cm越えです。

私はコマセの残りで、フカセ仕掛けで狙っていたのですが釣れませんでした・・・。

すごいなサビキ。

暗くなってきて、電気浮きも持ってきていない為納竿としました。

まとめ

この時期、鳥羽沖では船から50cm超えのデカアジが釣れているのは知っていましたが、まさかショアの堤防(しかも結構小さめ)から40cmを超えるアジが釣れる事に衝撃を覚えました。

今回、朝マヅメに尺アジが釣れたので満足はしています。しかし夕マヅメの爆釣を見ているとなんか負けた感じがします。

悔しいので年内中にリベンジしたいと思います。

それにしてもサビキすごいな。

さっそくリベンジしました

釣行日:2018年12月1日
釣果:アジ【25cm~30cm 7匹】
潮:中潮
天気:晴れ、暖かい