ライトワインドって何?釣り方や釣り具のおすすめを紹介するよ

ライトワインドって何? 釣り

最近話題のライトワインド。ひーくんもよく釣り場で行うことが多いです。

この記事では、ライトワインドって何?というところから、実際に使用しているタックル等の紹介も行っていきます。

 

そのそもワインドって何?

ワインドとは、専用のジグヘッドを使用することによって、左右にワームをダートさせて釣る釣り方です。連続してイレギュラーな動きをさせる為、魚の捕食スイッチを強制的に入れる効果があり、やる気の無い魚を釣る事が出来ます。

ワインドとライトワインドの違い

ワインドに比べて、よりライトなワインドがライトワインドです。具体的には、ワインドに使用するジグヘッドが軽めの物を使用します。

通常ワインドのジグヘッドは、10g~20g程度の物が主流ですが、ライトワインドに関しては、重くても5gまでのジグヘッドを使用します。

ライトワインドのターゲット

ライトワインドは、主に根魚をターゲットにしています。他にも、チヌやタコなんかも釣れます。小型青物(サバ・ツバス・カマス・メッキ)にも非常に有効です。

ライトワインドに必要なタックル

ここでは、実際に使用しているタックルをもとに紹介します。

ロッド:バスロッド(6ft、1/32~1/2oz)

※ワインド特有のアクションを行う為にも、穂先に張りがあるロッドが必須です。柔らかいとワインドのアクションが出来ません。

リール:ダイワの2500番

※上記ロッドとのバランスを考えて2000番前後のものを選択して下さい。巻く釣りでは無いのでローギアモデルで、ラインも100M巻ければ十分です。

ライン:PE0.4号リーダー2号

※扱うジグが軽い為、ラインも細くする必要があります。強度やアクションの性質(伸びが無いこと)からPEラインが最適です。根周りを責める為、リーダーは太めを推奨。1.5号~2号くらいが最適です。長さは20cmほどで十分ですので、ナイロンでもフロロでも問題ありません。

ジグヘッド:メジャークラフトブン太ダートタイプ 3.5g・5g

※庶民の味方、メジャークラフトのジグヘッドを愛用しています。ヒロセマンと安さで選んでいますので、他メーカー(JAZZ尺ヘッド、KATSUICHIデルタマジック等)のものでも問題ありません。重さは、3.5gと5gの二つでOK。

 

 

ワーム:メジャークラフトパラワームダート 1.6インチ

※ダート系のワームは他にもいろいろ発売されています。人によって好きなワームは多岐にわたりますので一例として紹介させて頂きます。有名なところだと、オンスタックルマナティ38、バークレーシュラッグミノー1.5インチ、JACKALLデカキビナーゴ2.5インチなどがあります。デカキビナーゴは、ひーくんもよく使用していますよ。

 

 

ライトワインドでの釣り方

釣り方は、言葉で説明しても中々うまく伝わらないかと思います。動画で見ていただくのが最適です。

ワインドの先駆者メーカー「オンスタックルデザイン」の動画が大変参考になります。

マナティーは確かによく釣れます。ただ高いのでひーくんは最近は使用しておりません。

 

ライトワインドまとめ

いかがでしたでしょうか?バス釣りやアジ・メバル釣りを行う方でしたら手持ちのタックルでも気軽に行えます。是非始めてみてはいかがでしょうか?

こんな魚が釣れますよ

ライトワインドでクロソイ ライトワインドでチヌ

ライトワインドの釣果記事も記載しています。こちらもよければどうぞ。