買って良かった。釣り歴20年が選ぶライト3選【ランタンタイプ・ヘッドライト等おすすめを紹介】

買ってよかった。釣り場で使うおすすめライト 釣り

9月に入りましたが、まだまだ暑い日が続きます。

そんな時は、夕涼みがてら夜釣りにいかれてはいかがでしょうか。

夜釣りといえばライトは必須です。暗い堤防では、釣り座に行くまでにも危険がいっぱいです。また、仕掛けの作成も難しいかと思います。

常夜灯がある漁港であれば問題ないかと思われますが、常夜灯の真下以外は意外と暗かったりします。

そんな時に役立つライト。

釣り歴20年のひーくんが選ぶ、これは買って良かった。そんなライトを3つ紹介していきます。

①GENTOS EX-777XP【ランタンタイプ】

 

 

まずは、ランタンタイプのライトからご紹介します。

こちらの商品、アマゾンで1597件(平均4.5)のレビューがあります。

国内メーカーのGENTOSの商品になります。こちらのメーカーさんの商品は釣り場でもよく見かけますね。

【スペック】

明るさ:280ルーメン

点灯時間:72時間(Highモード)144時間(Ecoモード)

使用電池:単1アルカリ電池3本

本体サイズ:84×185mm

本体重量:817g(電池含む)

保護等級:防滴仕様(IPX4準拠)

付属品:ハンガーフック

 

【買ってよかったポイント】

まずは、やっぱりAmazonでの高評価。平均4.5で1597件ものレビューがあるので安心して購入できます。

また、明るさも程良い感じに明るいです。明るすぎても釣り場では迷惑ですので、280ルーメンもあれば十分です。明かりも暖色系で目に優しいです。

キャンプでは、ガスやガソリン系のランタンも味があっていいのですが、釣りでは手軽に使えるLED式が断然おすすめです。

 

 

電池は単1アルカリなので、単3を単1に変換するスペーサーがあると便利です。

②GENTOS GTR-831D【ヘッドライトタイプ】

 

 

続いては、ひー君が愛用しているヘッドライトの紹介をしたいとおもいます。

上のランタンと同じメーカーのGENTOSのヘッドライトになります。

【スペック】

明るさ:80ルーメン

点灯時間:12時間

使用電池:単3アルカリ電池1本

本体サイズ:W63.0×H49.9×D51.8mm

本体重量:93g(電池含む)

保護等級:防滴仕様(IPX4準拠)

付属品:ヘッドバンド

【買ってよかったポイント】

この商品の良いところは、単3電池1本で使用出来るところです。これだけで買う価値があるとおもいます。

頭につけるタイプものですので、バッテリー式や電池が3本必要なタイプだと重くて頭が痛くなってきます。

その点こちらの商品は電池1本ですので軽いです。明るさも80ルーメンあり、手元を照らすには十分です。

エネループも使用可能です。

③LEDブラックライト UV-LED375-nano【UVライト】

 

日亜化学紫外線LED使用 LED ブラックライト UV-LED375-nano

日亜化学紫外線LED使用 LED ブラックライト UV-LED375-nano

1,080円(02/22 05:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

さいごの商品紹介は、夜釣りの仕掛けを蓄光させるUVライトです。

LEDは国内の日亜化学工業製の高出力紫外線LED「NSPU510CS」を使用しています。

【スペック】

LED数:紫外線UV-LED 1灯搭載

使用電池:CR2016

本体サイズ:40mm×23mm

本体重量:7.6g

【買ってよかったポイント】

タチウオのワインドや根魚のライトワインド時に、ワームを蓄光させるのに使用しています。

以前は3灯式のハンディライトを使用していましたが、これが結構かさばってじゃまでした。そこで小型のこちらのUVライトに交換して使用しています。

小型で軽いので、ピンオンリールに繋いでタックルベストに付けて使用しています。

結構便利ですので、良ければ使用してみてください。

釣り用UVライト

 

※夜釣りといえば「蚊」対策も必須です。「蚊」対策に関してはこちらで記事にしています。