愛知県知多半島のおすすめ釣り場をご紹介!初心者にもお勧めだよ

知多半島おすすめ釣り場 愛知県の釣り場一覧

愛知県在住の釣り人が、愛知県知多半島の釣り場を紹介していきたいと思います。

知多半島は名古屋からも交通の便がよく、高速道路の知多半島道路・南知多道路を使えば2時間かからず知多半島の先端まで行けます。

知多半島は伊勢湾と三河湾に囲まれている湾内の為、全体的に浅く潮通しもよくありません。

その為、陸から青物を釣ったりということは厳しいため主に小物の数釣りがメインになります。

それでも、チヌの50cmやシーバスの1mオーバーなんかも釣れていますので、一発大物狙いも可能です。

知多半島には有望なポイントやメディアにも掲載されているポイントが沢山あります。しかし今回は、私が実際に実釣したことのある場所のみご紹介していきたいと思います。

紹介するポイントの順序は、名古屋から近い(知多半島の北側)順になります。

【愛知県知多半島の釣り場一覧】

りんくう釣り護岸

りんくう釣り護岸は、いろいろな釣り雑誌や釣りブログでも紹介されている有名ポイントです。ご存じな方も多いと思います。

中部国際空港(セントレア)の真向かいに位置しています。

知多半島の釣りポイントの中では一番多く釣行しています。名古屋からは高速道路で30分ほどで到着するほど近い釣りポイントです。

また、裏手にイオンモール常滑やコストコ中部空港倉庫店などがあり、とても賑やかな場所です。

めんたいパークやまるは食堂など観光場所もあるので、家族連れでの観光にもぴったりかもしれません。

私もりんくう釣り護岸で釣りをする時は、よくイオンモール常滑でお昼ごはんを買ってきて食べています。量り売りの総菜の種類が多くておいしいので、よく昼食に食べています。

そんな何かと便利な「りんくう釣り護岸」ですが、知多半島内では、抜群に潮通しがいいです。

大潮だと釣りがしにくいほど流れます。その為魚種は非常に豊富です。

おすすめ釣りもの

りんくう釣り護岸は、年間通して何かが釣れる。そんな釣り場です。

しかしその中でも、りんくう釣り護岸では「夏のギマ」と「秋のアジ」釣りがおすすめです。

夏のギマは6月くらいから釣れ始めます。狙い方は、一本針のぶっ込み仕掛けに、餌は青イソメの一匹がけ。

時間帯は朝マヅメ・夕マヅメが釣りやすいです。また群れで回遊する魚ですので、釣れだすと毎投釣れることも多く忙しい釣りになります。

秋のアジは8月ころから釣れ始め、11月くらいにはかなり大きく成長します。

11月には25cmオーバーのアジも釣れる為、この時期に釣りに行く価値はおおありです。狙い方は、夜釣りのふかせ釣りです。

つけ餌は、石ゴカイ(ジャリメ)かオキアミ。時間帯は夕マヅメ~夜にかけてが釣りやすいです。

コマセはアミエビ主体です。配合材は使用してもしなくても問題ないかと思います。

ある程度まとまりがないとコマセを撒きにくいので、私はパン粉を300gほどアミエビに混ぜて使用しています。

アジは潮の動きに左右されますので、なるべく大きく潮の動く時に狙ってみてください。

別記事で、知多半島のアジ釣り(アジング)に特化したポイントも紹介しています。

参考:愛知県の知多半島アジ釣りポイント【アジング】

四季の釣りもの

春:メバル・グレ

夏:シロギス・ギマ・マゴチ

秋:アジ

冬:カレイ・カサゴ・ソイ

※駐車場は無料でしたが、2018年8月現在は有料です。1日500円かかります。

常滑港

常滑港は、上で紹介したりんくう釣り護岸のすぐ側の釣り場になります。

競艇で有名な、ボートレース常滑の前の港です。

ここは、港内なのであまり魚の回遊は期待できません。

しかし、護岸沿いを壁と木で覆われている為横風に非常に強いです。

その為「りんくう釣り護岸」が風で釣りにならない時、常滑港なら釣りが出来ることもも多く、避難場所的な釣り場になっています。

具体的には、北西の風の時に風を防ぐ事が出来ます(りんくう釣り護岸は、北東の風は防げます)

風向きによって、「りんくう釣り護岸」と「常滑港」を行ったり来たりすると快適に釣りが出来ますよ。

護岸沿いには基礎が入っているようで、探り釣りで根魚が狙えます。港内の底は泥になります。

四季の釣りもの

春:メバル・チヌ

夏:ハゼ・シロギス

秋:アジ

冬:カレイ・カサゴ・ソイ

内海新港

内海新港は、内海海岸海水浴場と千鳥ヶ浜海水浴場のすぐ横の釣り場になります。

名古屋近辺では有名な海水浴場になりますので、夏場は人が多いです。逆に冬は全く人がいませんが。

内海港緑地公園側は駐車場から近い事もあり、終日人が多いです。

その為、私は反対側の堤防まで歩いていく事が多いです。まあこちらもトップシーズン(9月~11月)になれば人が多くなりますが・・・。

こちらは駐車場から距離があるので、若干人が少なめです。堤防に渡るには、波打ち際から岩の野積みを渡る必要があります。10mほど乱雑に岩が組んであるだけで整備されていないので注意が必要です。

堤防に渡ってしまえば整備されていて快適に釣りは出来ます。

内側も外側も右も左も砂浜の為、根がかりの心配はありません。

おすすめ釣りもの

内海新港のおすすめの狙いものは、夏場のシロギスとマゴチです。

シロギス・マゴチ共に、例年6月後半くらいから本格的なシーズンに入っていきます。

釣り場が広いので、広範囲を手早く狙える仕掛けで探った方が効率がいいです。

内海新港のマゴチはジグで釣ってます。他にエイが2匹ほどかかりましたが・・・・

別記事でマゴチ釣りにおすすめのルアーもご紹介しています。

参考:マゴチ釣りに必須のルアー

四季の釣りもの

春:

夏:シロギス・マゴチ

秋:サバ

冬:カレイ

豊浜新港(豊浜漁港)

豊浜新港は、知多半島内ではおそらく一番有名なポイントかと思います。

その中でも特に有名な、豊浜海釣り公園の釣り桟橋は土日は釣り人で常に満杯状態です。

人が多すぎて他の釣り人に気を使うので、最近は行っておりません。

ここに住んでる人(多分ホームレスではないと思います)もいるほどに釣れるには釣れるポイントです。

桟橋に勝手にテント立てるのはダメだと思いますが・・・。

※2018年9月現在、先日の台風21号の影響で桟橋の一部が崩落しています。その為現在「豊浜海釣り公園の釣り桟橋」は立ち入り禁止です。

おすすめ釣りもの

豊浜新港は、愛知県内の堤防では珍しく太刀魚がよく釣れる事でも有名です。

2018年度はあたり年だったようで爆釣しておりました。

私もタチウオ釣行に行ったのですが、あまりに人が多すぎて一匹釣って帰って来てしまいました。

奥の豊浜漁協魚市場前の護岸では、夏の夜にシャコやカニが取れます。シャコヤカニは泳いで水面に浮いて来ますので、浮いて来た所をタモで掬います。

また護岸沿いでタコも釣れます。タコジグ等で狙ってみて下さい。

おすすめのタコジグはこちらです。色は白か赤がおすすめです。

ヤマシタ(YAMASHITA) タコゆらハンター L FK

ヤマシタ(YAMASHITA) タコゆらハンター L FK

497円(02/21 17:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

また鉛筆サイズではありますが、豊浜新港の港内にも太刀魚は回ってきます。鉛筆サイズのタチウオがイソメに食いついて来た事がありました。

四季の釣りもの

春:アオリイカ・メバル・チヌ・グレ

夏:ハゼ・シロギス・太刀魚

秋:イワシ・アジ・サバ・アオリイカ

冬:カサゴ・ソイ・カレイ

師崎漁港

師崎漁港は、知多半島最南端の漁港です。三河湾の入口になるため、潮通しはそれなりにいいです。

目の前には、日間賀島・篠島・佐久島という愛知県内三離島があります。

師崎漁港は、釣り場がテトラの上からになりますので足場が若干悪いです。テトラは乗りやすく大きめですので、慣れてる方は特に問題はないと思います。

水深は浅く、根がかりも多く、岸寄りを漁船が結構な頻度で通るので投げ釣りは厳しいです。足もとのテトラ周りでの穴釣りとふかせ釣りがおすすめです。

おすすめ釣りもの

師崎漁港のおすすめは、根魚狙いで、テトラの穴釣りとグレ狙いのフカセ釣りです。

師崎漁港は、外海側が全域テトラポッドになっています。そのテトラを穴釣りで探っていくと根魚が釣れます。

釣り荒れているようでサイズは小さく10cmほどですが・・・

グレもテトラの中に隠れていますので、基本的にテトラ際を流していく釣り方になります。

底は浅いので、浮き下は1ヒロ固定で大丈夫です。釣れるサイズは大きくて20cmまでです。

四季の釣りもの

春:チヌ

夏:ハゼ・シロギス・チャリコ

秋:アジ・サバ・アオリイカ・グレ

冬:カサゴ

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、知多半島でおすすめな釣り場をご紹介しました。

知多半島の釣り場は、釣り公園として整備されていたり、車横付け出来たりと初心者にもおすすめ出来る釣り場が多いです。

釣りに行きたいけど、まだ釣り具を持っていない。そんな初心者にはこんな釣り具もありますよ。

取りあえずやってみたいという方は、1800円あれば釣りを始められます。

今後定期的に釣りに行く予定がある方は、もう少しいい物を買うと長く使えると思います。

別記事で、愛知県三河湾のおすすめ釣り場も紹介しています。

参考:愛知県三河湾のおすすめ釣り場!