ワカサギ用電動リールの自作方法をご紹介!

自作ワカサギ用電動リール 自作釣具

愛知県在住の釣り人ですので、冬はよく入鹿池にワカサギ釣りに行っています。

愛知県って、海釣りのポイントが結構微妙なんです。内海ですので、青物が回ってくる事もほぼ無いですし。渥美半島のサーフではたまに釣れますが・・・

しかし、ことワカサギ釣りに関しては、全国的にも有名な入鹿池があります。関西方面からも結構釣り人が来るようで、地元民としては非常にうれしいです。

入鹿池の事も別記事で記載していますので、よければご覧ください。

入鹿池のポイント紹介はこちらから。

愛知県入鹿池のワカサギ釣りのポイントを紹介するよ!
愛知県入鹿池のワカサギポイントを紹介しています。具体的なポイントは、レイクサイド前、稲荷山前、灯台前、中央いかだ、教会前、今井川河口、赤壁、火の用心、土管前、十三塚、五条川河口、郷川河口など。

入鹿池のボート屋さんの一覧はこちらです。

愛知県入鹿池のボート屋さん一覧
愛知県入鹿池のボート屋さんの一覧です。電話番号、ボート料金、営業時間、HPのURL等をまとめています。入鹿池のボート屋さんは、「見晴茶屋」「百軒亭」「水葉亭」「入鹿亭」「名竜亭」「小川屋」になります。

さて、そんなワカサギ釣りですが、電動リールで釣りをする方が増えているようです。

しかし、電動リールは高いです。シマノ製のワカサギ用電動リールで1万円越えですね。

「高いなら自作するしかない」ということで、今回自作することになりました。

結構自作されている方も多いようで、他サイトを参考にさせて頂きました。

ワカサギ用電動リールの自作方法

ワカサギ用電動リールの材料

自作ワカサギ用電動リール

電動リールの本体部分

・アルミ板:2mm(厚み)×1cm(幅)と2mm(厚み)×1.5cm(幅)

・スペーサー:5mm(内径)×3.5cm(長さ)

・100均ネオジウム磁石(一番小さいの)

・プラスチックナット:M3

・超低頭小ネジ:M3×1cm(長さ)

・ボルト:M3×4cm(長さ)

・ナット:M3

・フクロナット:M3

・100均電動消しゴム

・滑り止め用ゴム

電動リールのスプール部分

・ミシン用のボビン

・ベアリング(SSMR63ZZ):3mm(内径)×6mm(外径)×2.5mm(幅)

・ゴムワッシャー:M8(内径)×1.8cm(外径)

※各パーツは、ステンレスでそろえた方がいいです。淡水での使用ですが、メッキ系は錆びます。

ワカサギ用電動リールの自作方法

ベース部分を作成

アルミ板(1.5cm)を11cmの長さに切断します。

それを、7.5cmのところで垂直に折り曲げます。

自作ワカサギ用電動リール 自作ワカサギ用電動リール

各パーツを取り付ける為の穴をあけます。今回ボルト類が3mmの為、3mmの穴をドリルで開けます。写真の一番上の大きな穴は、糸を出す穴で6mmです。

開ける位置は、上の写真の後ろから1.3cm・2.5cm・5cmの所と、折り曲げた側の1cm、2cmの所です。

ベースがアルミの為、穴あけも簡単です。

竿受け用のパーツを作成

自作ワカサギ用電動リール

竿受けには5mmのスペーサーを使用します。

自作ワカサギ用電動リール 自作ワカサギ用電動リール 自作ワカサギ用電動リール

本体に取り付ける為に、プラスチックナットの角をやすりで削りスペーサー内に押し込む。

超低頭ボルトでベースに固定します。

因みに、ワカサギ用の穂先も自作出来ますよ。

参考:ワカサギ釣り便利グッズ自作方法【穂先・たたき台・針外し】

足を作成

自作ワカサギ用電動リール 自作ワカサギ用電動リール 自作ワカサギ用電動リール

アルミ板(1cm)を7cmの長さに切断します。

左側から、1cm・3.5cm・6cmの個所に3mmの穴を開けます。

4cmのボルトとナットを使用して足を作ります。今回足は2cmで固定しました。

スプールを固定する為のパーツを作成

自作ワカサギ用電動リール 自作ワカサギ用電動リール 自作ワカサギ用電動リール

アルミ板(1cm)を3cmの長さに切断します。右から5mmの個所に3mmの穴を開けます。

左側にネオジウム磁石を瞬間接着剤で取り付けます。それを上で作成した足に取り付けます。上側のナットは1つだと緩むので、2つ付けるといい感じに固定できます。

動力部を作成

自作ワカサギ用電動リール 自作ワカサギ用電動リール 自作ワカサギ用電動リール

電動ワカサギ用リールの動力部は、100均の電動字消しを使用します。モーターとケースで100円ですのでコスパが良すぎます。自作されている方も、ほとんどこれを使用しているようです。

頭の部分は、必要ないのでノコギリで落とします。そして代わりに軸受け用のゴムを装着します。

本体取り付け用の穴を背面に開けます。場所は好みで問題ありません。今回は、前側から1.25cm、2.5cmの所に3mmの穴を開けています。一番前の穴は足とスプールを固定する穴になります。

自作ワカサギ用電動リール 自作ワカサギ用電動リール

本体に超低頭ネジで固定します。超低頭ネジでないとふたが閉まらなくなりますので、必ず超低頭ネジを取り付けて下さい。

スプールを作成

自作ワカサギ用電動リール 自作ワカサギ用電動リール 自作ワカサギ用電動リール

今回スプールに使用したベアリングは、日本精工(NSK)の「SSMR63ZZ」を使用しました。

それをスチール製のボビンに取り付けます。若干ベアリングとボビンに隙間があるので、粘度のある瞬間接着剤で取り付けます。上下に2つ取り付けて完成です。

今回制作はしませんでしたが、スプールに棚止めを付ける事も可能です。入鹿池でのワカサギ釣りに、棚止めの必要性を感じないので今回作成はしていません。

ベアリングは、既成のワカサギ用電動リールだとシールド有りのタイプを使用しています。今回はやすくあげる為にシールドなしですが、シールドありのベアリングの方が錆びには強いかと思います。

この辺は好みでいいかと思います。

全てのパーツを組み立てる

自作ワカサギ用電動リール 自作ワカサギ用電動リール 自作ワカサギ用電動リール

全てのパーツを組み合わせます。スプール固定用のパーツ(ネオジウム磁石)の高さは調整して下さい。スプールに近すぎても遠すぎても巻き上げ出来ません。

リールの後ろにあるヨリモドシは、竿落とし防止用のコードを繋ぐ為のものです。

自作ワカサギ用電動リール 自作ワカサギ用電動リール

スプールのON、OFFはネオジウム磁石のパーツで行います。ネオジウム磁石をスプールの下に入れる事で糸の巻き上げを行い、磁石をスプールの下から外すことで糸の放出を行います。

ワカサギ用電動リールの自作費用

各パーツもバラ売りでの購入が出来ない為、2機目3機目と制作可能です。

1機あたりに換算すると、2000円弱くらいかと思います。

単価でいえば、ベアリングが一番高いので、ここをいかに安くあげるかがポイントになります。

自作ワカサギ用電動リールを実際に使ってみた

入鹿池でワカサギ釣り 自作ワカサギ用電動リール

実際に愛知県の入鹿池でワカサギ釣りに行ってきました。今回自作した電動リール使用しましたが、特段問題なく使用する事が出来ました。

最高3連でワカサギが釣れましたが、巻き取りのパワーも問題ありません。

電池の持ち時間ですが、今回使い古しの電池を使用していたので、釣行中に電池交換を行いました。

新品であれば一日は持ちそうです。しかし、念のため代えの電池は持参した方が無難です。

入鹿池のワカサギ

100匹くらいは釣れました。型が小さいですが・・・。

まとめ

今回は、ワカサギ用の電動リールの自作方法をご案内しました。製作にあたって特別な道具も必要なく簡単に出来ますので、是非自作してみてください。

自作の道具で釣れるとより釣りが好きになりますよ。

他にも、ワカサギ用の穂先やたたき台、針外し等も自作しています。よければこちらの記事もご覧下さい。

参考:ワカサギ釣り便利グッズ自作方法【穂先・たたき台・針外し】