ワードプレス(WP)5.0に更新した人は、「Classic Editor」を入れれば解決するよ。

Classic Editor ブログ

ワードプレス(WP)5.0には更新するな!記事が書けなくなるよ。更新した人は、「Classic Editor」を入れれば解決するよ。

つい先日、ワードプレスにてこのブログを更新していた所、WPの更新が来ている事に気付きました。通常のバージョンアップかと思い軽い気持ちでバージョンアップ。しかしこれが間違いで、使いにくい使いにくい。

そんな形で、ワードプレス(WP)5.0に更新して後悔しています。ただし、解決策はあります。今回は、その解決策を記事にしていきます。

ワードプレス(WP)5.0とは

ワードプレス(WP)5.0とは、ワードプレスのメジャーアップデートのひとつです。

12/6に公開されてますね。

大きな変更点は、新エディタ「Gutenberg」の搭載です。エディタですので、見た目が変わる感じですね。

ワードプレス(WP)5.0の問題点

正直、アップデートした直後は愕然としました。見た目が変わりすぎて記事の新規投稿が出来ません。

見た目がこんな感じに変更されます。

ワードプレス(WP)5.0には更新するな!記事が書けなくなるよ。更新した人は、「Classic Editor」を入れれば解決するよ

なんですか?これは?という感じです。新エディタ「Gutenberg」では、ブロックという単位で「タイトル」「記事」「画像」「アフィリエイト」などを記載していく感じになります。

記事を追加する時に、こんなアイコンから選択します。

新エディタ「Gutenberg」 新エディタ「Gutenberg」 新エディタ「Gutenberg」

ワードプレス(WP)5.0からワードプレスを使っている人には使いやすいのかもしれませんが、それ以前から使っている人には正直使いにくいと思います。

ワードプレス(WP)5.0解決策

正直、ワードプレス5.0は使いにくいので、なんとか元に戻したいと思いました。

ワードプレスのバージョン自体を戻す事も考えましたが、そんな必要はないようです。

「Classic Editor」というプラグインを導入すれば、今までどおりに戻せます。

Classic Editorのインストール方法

Classic Editor

まずは、ワードプレスの左側の「プラグイン」をクリック

Classic Editor

「新規追加」をクリック

Classic Editor

検索窓で「Classic Editor」を検索、インストール

参考:Classic Editor」のダウンロードページです。

Classic Editor

「有効化」をクリック。クリックしないと反映されませんので有効化してください。

Classic Editor

はい。いつもどおりのワードプレスにもどりました。

まとめ

ワードプレス(WP)5.0に何気なく更新して、記事が書けなくて困っている方。ワードプレスのバージョンを戻そうとしている方。

プラグインの「Classic Editor」を有効化すれば解決しますので、是非インストールしてみて下さい。