四日市沖堤防【霞沖堤防・四日市沖堤防】ってめちゃくちゃ釣れるんです!

霞沖堤防と四日市沖堤防を紹介するよ 三重県の釣り場一覧

沖堤防と言えば、大阪の武庫川一文字や兵庫県の垂水一文字、神戸ポートアイランド沖の「和田防」「新波止」「七防」「ポーアイ沖」「ミニ波止」などが青物も釣れるので有名です。

しかし、名古屋から30分でいける三重県四日市市にも沖堤防があるんです。

上記の堤防のように、「メーターオーバーのブリが釣れた~」とか、「タチウオが50匹釣れた~」とかは無いです。

でも、カサゴを20匹釣ったり、チヌを10匹釣ったり、マゴチを10匹釣ったりとかは比較的簡単に出来ます。

数は多くないですが、毎年サワラやタチウオは釣れてます。50cmとかのアズキマス(キジハタ)もあがったりする、夢のある沖堤防になっています。

四日市沖堤防【霞沖堤防・四日市沖堤防】

霞沖堤防

霞埠頭の沖合にある沖堤防です。陸地から渡船で10分程で到着します。釣りものは、四季を通して豊富です。根魚、チヌ、シーバス、タコ、マゴチなどが有名です。それぞれの狙い方を記載していきます。

霞沖堤防の釣り方

【根魚】

釣れる根魚としては、メバル・カサゴ・ソイ・アズキマス(キジハタ)になります。

堤防角から先端(長いほう)に向かって外側はガチな基礎が入っています。油断するとすぐ根がかりします。

ここにかなりの根魚がストックされているようで、同じ場所で何匹も釣れ続きます。あたりが止まったら、1メートル程ずれればまた釣れるようになります。

日中でも釣れますが、圧倒的に夕マヅメから夜間にかけてをおすすめします。あたりの数が段違いです。

釣り方は、エサでもルアーでもOKです。エサだとつけ変えるのが面倒なのでルアーがいいかと思います。

ひーくんは、ジカリグで釣っております。

ジカリグの説明はこちら

直リグ・ジカリグ・ジカダンリグって何!?簡単に自作もできるよ。
直リグ・ジカリグ・ジカダンリグって何!?簡単に自作もできますので、是非使用してきて下さい。材料は、8号ナス型重り、100均のオフセットフック、スナップのみで自作可能です。

重りは3号~5号。針はオフセットの6番かチヌ針の5号

釣れるサイズは、15cm~30cm。アズキマス(キジハタ)は、50cmのものもあがっています。

【チヌ】

エサ釣りでは、春秋のフカセと夏の落とし込み釣りが鉄板です。チヌの寄りも良く、プレッシャーも少ないので、皆さん結構釣ってます。ひーくんはエサ釣りはやらないのでわかりませんが・・・

岸黒かライトワインドで狙っています。

因みに、岸黒ゲームってのはこういうのです。

こんなワームで狙います。

マルキュー(MARUKYU) パワークラブ(M)茶ガニ 0526

マルキュー(MARUKYU) パワークラブ(M)茶ガニ 0526

563円(04/21 14:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

やっぱりガルプは効きますよ。

ロッドとリールは、シーバスの物をそのまま流用出来ますので、朝マヅメはシーバス、日が昇ってきたら黒鯛の岸黒ゲームという流れで一日釣りが出来ます。

ライトワインドは、基本底を取ってからの巻きあげになります。フォール中に食うので、集中してください。だいたい、フォールのあたりに気づかなくても、フォール後の最初のアクションでかかりますけどね。

ライトワインドの詳細記事も書いてます。

https://hi-kun.com/litewind/

釣れるサイズは、45cm前後が多い感じです。多い人は、5~6匹釣ってますよ。

【シーバス】

年中あがっているイメージがあります。しかし、夏~秋のシーズンが一番釣れているようです。

日中釣るのは難しいので、朝マヅメ一本勝負です。

ひーくんは、メタルバイブで釣る事が多いです。人がいなければ、岸沿いのテクトロもありです。

釣れるサイズは、30cm~60cmくらいまで。あまり大きいサイズは釣れないようです。

【タコ】

6月~9月頃まで小タコの数釣り。もしくは、冬のキロアップの親タコ狙いのどちらかがおすすめです。

真夏ですと、外向きはチヌの落とし込み釣り師が多いので、トラブルが無いようにしたいですね。タコ釣りでガシャガシャした後でも問題なくチヌは釣れますが、それを知らない人が多いので。

堤防際の底メインで探り歩けばいいかと思います。日中でも釣れますが、夕マヅメから夜間の方が釣果はあがります。

堤防内側であれば、それほど根がかりも無いので快適に釣りが出来ます。

タコ釣りの仕掛けはこんなのです。

ヨーヅリ(YO-ZURI) エギ(タコ): タコやん 3.5号 REEB: アカエビ

ヨーヅリ(YO-ZURI) エギ(タコ): タコやん 3.5号 REEB: アカエビ

642円(04/21 14:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

サイズは、100g~2kgくらいです。初夏の夜は、10杯は釣れると思います。

【マゴチ】

夏と言えばマゴチですね。6月~8月ころまでがシーズンです。四日市沖堤防と違い、エサ釣り師はほぼいません。

外側は根がかるので内側がおすすめです。内側の底は、全域ドロですので、底までルアーを沈めてゆっくり引いてくるだけでヒットします。必ず底を感じてください。

数自体も相当数いるようですので、狙ってみてください。

おすすめルアーはワームです。

サイズは、40cm~60cm程です。多い人で、3~4匹程釣っています。

 

【釣りもの】

春:チヌ

夏:チヌ・タコ・マゴチ

秋:シーバス・青物(サワラ・タチウオ)アジ・サバ・イワシ

冬:根魚・アナゴ

霞沖堤防の渡船屋さん

KO-SHIN丸(コーシン丸)

ko-shin maru top
釣り シーバス 四日市 黒鯛 チヌ 霞一...

この地図上の船がコーシン丸になります。駐車場は特に無く、船の周りに停めます。

船宿も無いです。注意点として、船頭のおっちゃんキレやすいです。行き帰りの船の時間に遅刻すると半端無くキレます。30分前には到着するようにしましょう。

渡船料金は先払いです。

【基本情報】

渡船料金:1500円(ライフジャケットは別途200円)

予約:電話

渡船時間(平日):6時~16時30分

渡船時間(土日祝):6時~21時30分

エサ:無し(事前に購入して下さい)

 

四日市沖堤防

四日市港の沖合にある沖堤防です。陸地から渡船で10分程で到着します。

上記の地図で上側が新堤防、下側が旧堤防になります。堤防が長い為、渡船屋で旧堤防か新堤防か渡船先を選ぶ形になります。

釣りポイントは、それぞれの堤防先端と角地です。

外側中側共に、底は泥です。基礎もあまり入っていないようで根がかりは少ないです。

釣りものは四季を通して豊富で、根魚・チヌ・シーバス・タコ・マゴチなどが有名です。それぞれの狙い方を記載していきます。

四日市沖堤防の釣り方

【根魚】

霞埠頭に比べて根がきつく無い為、堤防際を重点的に狙っていきます。時期の問題かもしれませんが、霞埠頭に比べてベラが多い気がします。それも巨ベラ。

狙い方は、ジカリグ、ライトワインド、落とし込みとあまり拘り無く、好きなスタイルでいいかと思います。

日中は釣りにくいので、夕マヅメから夜間がおすすめです。根魚の活性も上がり餌を探して回遊するようで、堤防際から離れても釣れるようになります。

こういうワームがおすすめです。

釣れるサイズは、15cm~30cm。

【チヌ】

チヌ釣りに関しては、霞沖堤防とまったく同じです。フカセ・落とし込み共に可能です。

新堤、旧堤どちらでも釣れますが、旧堤は、水面まで近いので落とし込みはやり難いです。

新堤防先端から、最初の角までを外側内側交互に行ったり来たりしながら探っていきます。

釣れるサイズは、45cm前後が多い感じです。多い人で、5~6匹釣ってますよ。

【シーバス】

こちらも霞沖堤防と変わらずです。外側、内側共に釣れています。ただ、やはり先端が有利なようです。堤防が長大な為、テクトロで探ってみるのは面白いかと思います。

釣れるサイズは、30cm~60cmくらいまで。あまり大きいサイズは釣れないようです。

【タコ】

タコに関しては、不思議と霞沖堤防の方が釣れている感じがします。ひーくんはこちらでは釣った事がありません。

釣れている所は、ちょくちょく見ますのでいるにはいるかと思いますが・・・。

【マゴチ】

マゴチに関しては、霞沖堤防より釣れているイメージです。それも、四日市沖堤防ではエサ釣りで狙っている方が多いです。

霞沖堤防は見たこと無いのに・・・。

狙い方としては、ハゼの泳がせで浮きをつけます。底は30cmほど切って流すようです。

釣れるポイントは、接岸のタイミングに合わせて、先端から角まで移動します。

新堤、旧堤どちらでも釣れますが、時期によって釣りやすい釣り難いがあります。都度渡船屋さんで教えてもらうのが沢山釣るポイントです。

泳がせ釣りはこんな仕掛けです。

OWNER(オーナー) セット一発 泳がせのませ仕掛 5-4 33628

OWNER(オーナー) セット一発 泳がせのませ仕掛 5-4 33628

844円(04/21 14:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

もちろんワームでも釣れます。底まで沈めてゆっくり探ってみてください。

根がかりが少ないので、ジグやメタルバイブのリフト&フォールもおすすめです。

サイズは、餌釣りは小さく30cm~45cmくらいが多いです。

あと、ヒラメも結構釣れてますよ。

 

【釣りもの】

春:チヌ

夏:チヌ・タコ・マゴチ

秋:シーバス・青物(サワラ・タチウオ)アジ・サバ・イワシ

冬:根魚・アナゴ・ヒラメ

四日市沖堤防の渡船屋さん

渡船丸金山

この地図上の場所が渡船丸金山になります。駐車場は渡船屋の横に停めます。

船宿があるので、出船まで時間がある時は休憩出来ます。船宿があると落ち着きますね。

以前は、もう少し終わりが遅かったのですが、最近は土曜日以外は早終わりですので気をつけてください。

渡船料金は先払いです。

【基本情報】

渡船料金:1500円(ライフジャケットは別途200円)

予約:電話

渡船時間(平日):6時~11時00分

渡船時間(土):6時~21時30分

渡船時間(日祝):6時~17時00分

エサ:基本的に無し(事前に購入して下さい)、カラスガイはある時は無料であります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

近畿地方にある沖堤防のように青物は釣れませんが、チヌや根魚、マゴチ等は沢山釣る事が出来ますよ。

是非、愛知県・三重県に在住の釣り人は足を運んでみてくださいね。