シンガポールと日本の経済指標を比べてみました

日本とシンガポールを比べてみた アセアン株

シンガポールと日本の経済指標を比べてみました

アセアン投資にはまっています。今回は、アセアン諸国の中でも群を抜いて経済成長しているシンガポールと、日本の各種経済指標を比べてみました。

人口

日本とシンガポールの人口

日本:1億2600万人 シンガポール:500万人

日本はシンガポールの25倍人がいます。

人口増加率

日本とシンガポールの人口増加率

日本:-0.16% シンガポール:0.09%

どちらの国も人は増えてないですね。

国土

日本とシンガポールの国土面積

日本:36万4000平方KM シンガポール:700平方KM

日本はシンガポールの520倍の国土があります。

GDP

日本とシンガポールのGDP

日本:4兆8000億ドル シンガポール:3000億ドル

日本はシンガポールの16倍。ただし、人口は25倍多いです。

一人GDP

日本とシンガポールの一人あたりGDP

日本:4万3000ドル シンガポール:9万3000ドル

日本の2倍以上あります。日本は、1990年から一度も抜かせてないですね。2国間の差も開く一方ですね。

因みに、アメリカよりもシンガポールの方が高いです。

GDP成長率

日本とシンガポールのGDP成長率

日本:1.71% シンガポール:3.62%

やはりまだまだシンガポールは伸びそうですね。

消費者物価(インフレ率)

日本とシンガポールのインフレ率

日本:-0.12% シンガポール:-0.5%

日本、シンガポール共にマイナスです。デフレ。

失業率

日本とシンガポールの失業率

日本:2.83% シンガポール:2.02%

失業率はあまり変わらないです。どちらの国も低水準で推移しています。

預金金利

日本とシンガポールの預金金利

日本:0.3% シンガポール:0.14%

預金金利も共に1%以下です。

まとめ

いかがでしたか?

今回日本とシンガポールの経済指標を比べてみました。

比べてみた結果、意外と日本とどっこいどっこいな数字になり驚きました。

ひとりあたりGDPに至っては、日本と2倍以上の差が開いているのは驚きましたね・・・