【無料】キュートカットで作った動画を家庭用DVDプレーヤーで見る方法

【無料】キュートカットで作った動画を家庭用DVDプレーヤーで見る方法 雑記

キュートカットで作った動画を家庭用DVDプレーヤーで見る方法

友人に頼まれて、結婚式用の「エンドロール」を作る事になりました。

DVDにして式場に持ち込むようですので、DVDにするところまでを記事にしました。

キュートカット(CuteCut)で動画を作る

CuteCutの使い方

スマホアプリ内で完結する動画作製ソフトです。iPadの方が操作しやすいです。

これでエンドロールを作製します。作製は新郎新婦に任せます。

キュートカットの使い方は別記事にしています。よければご覧ください。

今回エンドロールのデータは新郎新婦からもらっていますので、そのデータをDVDに焼く方法をご案内します。

今回ご紹介するソフトは、「DVDStyler」というソフトです。

「DVDStyler」で動画を家庭用DVDのフォーマットに変換する

無料で使えるDVDオーサリングソフトです。

操作は非常に簡単ですので、どなたでも操作可能かと思います。

「AVI」「MOV」「MP4」「MPEG」「OGG」「WMV」など一般的な形式には対応しています。

キュートカットは「 MOV 」形式で出力できますので、問題無く変換できます。

ダウンロードサイトからソフトをダウンロードしてインストールしてください。

それでは、実際に「DVDStyler」を使ってみましょう。

まずは初期設定

「DVD Flick」の使い方

「DVDStyler」を立ち上げると初期設定画面になります。

映像形式「NTSC」横縦比「16:9」音声形式「AC3」にチェックしてください。

「DVDStyler」にデータを取り込みます。

「DVDStyler」の使い方

赤枠内に、DVDに焼きたいデータをドラッグ&ドロップします。

家庭用DVDの形式に変換する

「DVDStyler」の使い方

ドラッグ&ドロップするとタイトルが表示されます。表示されたら、上のDVDマークをクリックする。

「DVDStyler」の使い方

書込み画面が表示されるので、「DVDに書込み」にチェックを入れる。DVDを挿入し開始をクリック。

「DVDStyler」の使い方

DVDの生成が進んでいきます。完了するまで待っていればOKです。

「DVDStyler」は一発OKでした。

※メニューを生成中でエラーになる場合は、読込むデータの名前をアルファベット(aとか)に変更してみてください。日本語だとエラーになる場合があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「キュートカットで作った動画を家庭用DVDプレーヤーで見る方法」をご紹介しました。

今回紹介した「DVDStyler」は一発で変換完了しました。

結婚式のエンドロールを作成している方は是非参考にしてください。