【WIN10無料インストール】Windows10で何をやっても初期化できない時、強制的に初期化する方法

スポンサーリンク
【WIN10無料インストール】Windows10で何をやっても初期化できない時、強制的に初期化する方法 アプリ・ソフト
スポンサーリンク

【WIN10無料インストール】Windows10で何をやっても初期化できない時、強制的に初期化する方法

この記事を見ている方は、恐らく何らかの原因でPCが立ち上がらないかと思います。

今回の事象としては、NECのノートPCで、Windowsのログインの所から先に進まないというものです。

その後画面が暗くなり、マウスとキーボードのみ動くという症状です。

今回は、最終的に「Windows10の無料インストール方法」をご案内しますが、まずは一般的な方法で回復可能かお試しください。

Windows10をインストールすると完全に初期化されますので、設定やデータは消えますので。

と言うことで、まずは一般的な方法から試してください

今まで効果のあった解決策をご紹介します。他にもいろいろと解決策はあるようですので、ネット検索して一通り試してみてください。

周辺機器を外して再起動

これ意外と原因だったりします。過去にもUSBが刺さったままで起動しないという事がありました。

念のため、マウスやキーボードも全て外して起動してみてください。

これで解消できれば楽ですね。

メモリーを抜き差し、最少にして再起動

これも割とありますね。

デスクトップ・ノート共に内臓のメモリーの不具合で立ち上がらない事があります。

メモリーが初期のもののみの場合抜き差し、増設している場合は増設分を外して再起動。

自動修復(システム復元・スタートアップ修復・セーフモード)

Windowsのアップデート後に立ち上がらないとかの場合に有効です。

自動修復のメニューは、自動で起動する場合と手動で起動させる必要がある場合があります。

手動で起動させるには、何度か電源ボタンでの強制終了を繰り返せば立ち上がります。

まず「スタートアップ修復」をおこない、直らなければ「システム復元」をおこなってください。

それでも直らなければ、念のため「セーフモード」で立ち上がるか確認してください。

「セーフモード」で立ち上がれば、他のソフトとの干渉が考えられます。

過去の例でいうと、「ウイルス」「ウイルスソフト」「PCログ・管理ソフト」が邪魔していました。

まあ、だいたいこの対応で直る事が多いですね。

初期化(データを残す・残さない・NECリカバリーツール)

自動修復もダメであれば、最終手段の初期化をおこないます。

初期化した場合もデータを残すことが出来ますので、まずは「データを残す初期化」を行います。

まあ、ここまでやれば9割9分解決しますね。時間も1時間~2時間ほどで完了します。

「データを残す初期化」がエラーになったら、「データを残さない初期化」「NECリカバリーツール」と試します。

まあ、だいたい他の初期化も「エラーになるかツールがありません」と言われます。

初期化もエラー、リカバリーツールも立ち上がらないので、OSを新規インストールします

だいぶ前置きが長くなりましたが、何をやってもダメ、PCが立ち上がらない時の最終手段のご紹介です。

Windows10自体は無料で公開されている為、これをダウンロードしインストールする方法で初期化します。

まあ、そもそも初期化も出来ないってかなり重症ですけどね・・・。

OSのダウンロード、インストールDVDを作成

Windows 10 のダウンロード

マイクロソフトのダウンロードページから、Windows10インストールツールをダウンロードします。

詳しい方法は、参照のページに記載されているので参照しておこなってください。

注意点として、インストール用の媒体として、USB(8GB以上)かDVD(1枚)が必要です。

BIOSで起動順位を変更

BIOSで起動順位を変更します。通常はハードディスク(HDDやSSD)からになっています。

これを、USBかDVDから読み込むように変更します。

変更方法は、「PCメーカー名(NECとか) BIOS順位変更」とかで検索してください。

BIOSの立ち上げは、メーカーロゴが出る時に「F2」か「Delete」を押せば出ます。

因みにNECの変更はこんな感じです。

DVDからOSを読み込む

先ほど作成したDVDを起動しないPCで読み込みます。

読み込んだらOSのインストール画面に移りますので、そのまま必要な項目を入力して進んでください。

問題無ければこのままOSのインストールが進み完了します。

時間は1時間ほどで完了するかと思います。

※今回は、途中で「ドライブ0パーティション3にWindowsをインストールすることができません」と表示され、新規マークが点灯せずOSの新規インストールが出来ませんでした。同じエラーが出たら下に進んでください。

DISKの変更(gptパーテーション形式ではありません)

※この項目は必要無ければ飛ばしてください。たまたま今回のPCで出ましたが、ひょっとするとSSDだと出るのかもしれません。HDDだと出た事無いですね。

「ドライブ××パーティション××にWindowsをインストールすることができません」と表示された場合、どのドライブを指定しても、フォーマットしても、削除しても、新規マークが点灯しないと思います。

そして、「選択されたディスクはGPTのパーティションの形式ではありません」と出てきますのでGPT形式に変更していきたいと思います。

まずは、先ほどの画面で「Shift」+「F10」キーでコマンドプロンプトを起動します。

コマンドプロンプト上で下記のコマンドを入力していきます。半角空白も入力必要です。

  1. diskpart」
  2. select disk 0」・・・ほぼ0でいいと思います。上で出たドライブの数字と連動。
  3. clean」
  4. convert gpt」・・・「convert mbr」で元に戻る
  5. exit」

今回こちらのページを参照させていただきました。こちらのページもご参照ください。

Windows10がインストールできない「選択されたディスクはGPTのパーティションの形式ではありません」
イメージ画像 この記事でわかること ハードディスクの形式をMBRからGPTに変更する方法を紹介しています。 対象OS:Windows10(すべて) windows10をインストールするハードデイスクを指定する時に、「この …

初期化完了

これでPCが立ち上がれば完了です。新品真っ新な状態になっているかと思いますので、必要なソフトをインストールしていきます。

今回はオフィスのインストールも合わせてご案内します。

PCは初期化していますので、再度ダウンロードが必要になります。

オフィスのインストール方法

Office 365 Login | Microsoft Office
Collaborate for free with online versions of Microsoft Word, PowerPoint, Excel, and OneNote. Save documents, spreadsheets, and presentations online, in OneDrive...

こちらのサイトでマイクロソフトアカウントでログインしオフィスをダウンロードします。

PCにインストールしてライセンスを入力して完了です。

まとめ

Windows10で何をやっても初期化できない時、強制的に初期化する方法をご紹介しました。

Windows10はOSをネット上で公開してますので、何かあれば無料で再インストール可能です。