小学生になった子供達に伝えたいおすすめ投資本

小学生におすすめな投資本 お金

2018年に資産運用を始めて、もっと早く資産運用を始めていればと後悔しております。

今後自分の子供たちが小学生になったら、早い段階で「お金」について教えてあげようとおもっています。

そんな時に、わかりやすい教科書としておすすめできる投資本を紹介しようとおもいます。

参考:私の資産運用に関してはこちらで記事にしています。

小学生になった子供達に伝えたいおすすめ投資本

金持ち父さん・貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

ロバート キヨサキ, シャロン・レクター(公認会計士)
3,523円(08/23 19:09時点)
発売日: 2000/11/09
Amazonの情報を掲載しています

あまりにも有名な本ですね。私もこの本を読んで資産運用の大切さを学びました。

この本を読まなければ、ただただ会社の為に働いていたままだったと思います。

全体の流れが、作者の「ロバートキヨサキ」の幼少期の話になっており、実親の「貧乏父さん」と友達の親の「金持ち父さん」とのお金に対する考え方の違いが描かれています。

ビジネス書の様に小難しい話も無く読みやすい割に、「お金」の本質をついています。

自伝のような本ですが、キャッシュフローやバランスシート、経費や資産などのお金持ちになる為に大事な事もわかりやすく学べます。

「持ち家は負債」や「ラットレース」などのキーワードは、読んだ当初は結構ショックを受けましたね。

マネーという名の犬

マネーという名の犬――12歳からの「お金」入門

マネーという名の犬――12歳からの「お金」入門

ボード・シェーファー
発売日: 2017/10/27
Amazonの情報を掲載しています

村上ファンドの村上世彰が監修している本になります。副題が「12歳からのお金入門」という事で、子供を持っている親に見てもらいたい良書になります。

本の内容も、「主人公の少女としゃべる犬が投資について学んでいく」という、小説のようなストーリーですので非常に読みやすいです。

小難しい金融用語も出てこないので、「お金について考えた事なかった」なんて人にもおすすめです。

個人的には「借金は利率によっては、返済を先延ばしにしたほうがいい」なんて話が面白かったです。

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

山崎元, 大橋弘祐
発売日: 2015/11/11
Amazonの情報を掲載しています

題名の通り、難しい事は一切ありません。本文は、対話形式で進みますので読みやすいです。

資産運用のみならず、「家を買うべきかどうか」「医療保険・生命保険」などのコンテンツもあり、こちらのコンテンツも勉強になりました。

運用商品も、国債と投資信託のみの話ですので、あれもこれも覚えなくて良いですね。

「リスクというのは、減るかもしれないし、増えるかもしれない」「増える事もリスク」という言葉が印象に残っています。

まとめ

「小学生になった子供達に伝えたいおすすめ投資本」ということでおすすめの書籍をご紹介しました。

お金の話って、家庭で教育される機会がないですよね。どこかしてはいけない話って雰囲気もありますし。

当然学校の教科にも無いです。お金の教育を受けずに老後を迎えるなんて考えると、悲惨な未来しか考えられません。

お金の教育は、早めに始めれば「福利」の効果も長く受けられます。この機会に是

非子供達と「お金」や「資産運用」に関して話してみてください。