うつ病での通院と1回目の休職延長の話

スポンサーリンク
うつ病での通院と1回目の休職延長の話 仕事
スポンサーリンク

うつ病での通院と1回目の休職延長の話

現在うつ病で休職中です。

私の会社の場合、休職は1ヵ月単位で、延長するにしても復職するにしても医師の診断書が必要になります。

休職期間も終了間近になり、人事部からどうするかの連絡がありましたので、その辺の話と1ヵ月休職してみて体調の変化等記事にしていきます。

実際うつ病の治療でどう過ごせばいいか分からなかったので、そのあたり参考にしてもらえればと記事にしました。

心療内科の通院について

私がかかった心療内科は、1週間ごとの通院が必要なところでした。この辺は先生やクリニックの方針によると思いますが。

1週間ごとの通院は正直めんどいですが、早く治したいと思っていますので真面目に通院します。

第1回目の通院

1回目の通院は、医師の診断のみでした。

診断時間5分くらいで、特に変わった事や変化があるかどうか聞かれたくらいです。

「その後どうですか?」って聞かれても、鬱になったの初めてなんでよくわかりません。良くなってるのか?悪化しているのか?自分では判断しようもありません。

その辺判断してくれるもんかと思ってましたが、特にそんな事は無いようです。うつ病に効果のある漢方薬を貰ってまた1週間後に来るようにとのこと。

取りあえずのアドバイスとして、ダラダラ過ごしなさいと言われました。気が乗らなければ何もしなくても良いみたいです。

第2回目の通院

2回目も診断のみで同じ感じです。

漢方薬の効果を聞かれましたが、正直なんの効果も無いと思うので、その旨話したら薬は無しになりました。

これって、心療内科だけでは無いですが、薬の効果が感じられない場合、ハッキリと伝えた方がいいと思います。

休職するとお金が入ってこなくなるので、必要の無い支出は出来る限り削減したいですから。

日中の過ごし方も基本的には心の赴くままでいいそうです。ダラダラ過ごします。

第3回目の通院

毎週通うのがダルく、正直1週間では何も体調変わりませんので2週目に行くことにしました。

次回の予約も来院時に決めるので無く、後日連絡する方法にしました。

まあ、特に突っ込まれる事もなかったので、無理して毎週通わなくてもいいと思います。人事の人とも話しましたが、うつ病ってそんなに通院しないみたいですね。

一応、気持ちがのるなら外出や趣味の活動をしてもいいと言われました。まあ、私の場合、恐らく軽度の鬱だと思うので、外出や趣味の活動は問題無く出来ます。

あと、人事から休職延長するなら診断書を出せと言われているので、それも書いてもらいました。

ワードのひな型があるので、ちょっと修正して打ち出してくれます。

これで3000円。ボロイ商売やな。

1ヵ月休職してみて

休職1週間・2週間目は特に何をするわけでも無く、ダラダラと過ごしました。

特にこの辺りでの体調の変化は無いですね。相変わらず、幸福度を感じません。なんか「無」って感じです。

お笑い番組とか見れば普通に笑えるんですけどね。

まあ、仕事を休職して眠れなくなる事は無くなりました。そりゃ、クレーム対応とか上司への報告とか無いんで、考える事も無くなったんで寝れますよね。

ただ、仕事に行こうと一切思えないのでもう1ヵ月休職する事にしました。

最後に先生に「通常何ヶ月くらいで復職できるか」を聞いたんですが、1ヶ月で復職する人なんていないそうです。

最低でも3ヵ月。長ければ1年とかかかるのが普通ですので。今鬱の人も焦る必要は全然無いと思います。気長に行きましょう。

取りあえず1年半は傷病手当が貰えますから。

休職延長方法

私の会社の場合は、休職期間満了前に人事から連絡がありました。

休職延長か復職かの判断と、それに伴う診断書を送って終了です。

私の会社は手続き関係はWEBで行うので入力して終了です。

今回も非常にマニュアル的です。別に早く復帰させようとするわけでも無く、淡々と仕事してくれますね。

こちらとしては非常にありがたいことです。

まとめ

取りあえず、一回目の休職延長です。

正直1ヵ月で復帰できる人なんていない」と言われた時はホッとしました。この辺初めてでわからなく不安でした。

これで2ヶ月休職することになります。

ただ、取りあえず「体調どうですか?」ってのは止めてほしいですね。精神疾患なんで、自分で判断しにくいんですけど。

仕事
スポンサーリンク
年収350万円の30代男性が、投資や副業を通して人生を楽しく過ごすブログ