DA64V【エブリー】車中泊用の目隠しを自作

DA64V(エブリー)の車中泊用の目隠しを自作しました DA64V【エブリー】

DA64V【エブリー】車中泊用の目隠しを自作

令和最初の年末年始にかけて、広島まで観光する計画をたてました。

ただ、お金が無いので、車中泊で行く計画です。

愛車のエブリーだと、荷物室とリアシートがフルフラットになるので車中で快適に寝る事が出来ます。

ただ、寝るにはなんの問題も無いですが、窓越しの視線が気になるんですよね・・・

という事で、広島観光までに車中泊用の目隠しを作製する事にしました。

因みに、既製品も売っているのですが少々お高いですので・・・・

こういう奴です。フロントサイドは無いみたいですね。

材料

DA64V(エブリー)の車中泊用の目隠しを自作しました

プラダンシート(縦:1820mm、横:910mm、厚み:4mm)

プラダンシート10枚入り 導電 黒 幅301mm ×長600mm 厚5mm

プラダンシート10枚入り 導電 黒 幅301mm ×長600mm 厚5mm

4,800円(01/28 05:38時点)
Amazonの情報を掲載しています

自作方法

型枠取り

DA64V(エブリー)の車中泊用の目隠しを自作しました DA64V(エブリー)の車中泊用の目隠しを自作しました DA64V(エブリー)の車中泊用の目隠しを自作しました

まずは窓の枠を取ります。

左右片側のみで大丈夫ですので(窓は左右同じ形の為)フロント右側・リア右側・荷物室サイド右側を作ります。

上の写真のように新聞紙を窓に貼って、マジックで窓に合わせて線を付けます。

線を付けたら新聞紙をハサミで切って完成です。

プラダンシートを切り抜く

DA64V(エブリー)の車中泊用の目隠しを自作しました

上で作成した枠を元にプラダンを加工していきます。

プラダンはカッターで簡単に切断できます

DA64V(エブリー)の車中泊用の目隠しを自作しました DA64V(エブリー)の車中泊用の目隠しを自作しました

こんな感じに切断出来ればOKです。

プラダンの設置方法が、はめ込みになるので、ちょっと大きめにカットしてください。

DA64V(エブリー)の車中泊用の目隠しを自作しました

荷物室のバックの目隠しは、サスペンション部分に立てかける形を取りました。

その為、型紙は取らずサスペンションに引っかかるようにカットしました。

DA64V(エブリー)の車中泊用の目隠しを自作しました

カットした長さがちょっと足りず、うまくリアハッチのサスペンションにはまらなかったので、写真の感じで足をたしました。

使い方

DA64V(エブリー)の車中泊用の目隠しを自作しました

使い方はそれぞれの窓にはめ込むだけです。あまり押し込みすぎると抜けなくなるので、軽く押しこむ程度がいいと思います。

DA64V(エブリー)の車中泊用の目隠しを自作しました

外から見るとこんな感じです。意外といい感じでしたので、リアサイド側はそのままはめ込んだままにしています。

金額

1400円

プラダンシート(縦:1820mm、横:910mm、厚み:4mm)×2枚

まとめ

いかがでしたでしょうか?

特に工作的な要素も無く、プラダンをカットするだけで完成します。

めちゃくちゃ簡単ですので是非自作してみてください。

今回、これで車中泊を3泊しましたが、目隠しって大事ですね。プライバシーを確保出来ますので快適に睡眠出来ました。

あと、意外と車中泊時って窓が結露します

プラダンなら拭けばOKなのでその辺も楽でした。